損切りの本質

FXなどの投資においては誰もが知っている損切りですが、その本質を正しく理解している人は意外に少ないものです。

損切りとは、確かに現時点での損失を確定させることであり、何だかマイナス的で残念なことのように感じられるものです。しかし、損切りには別な一面もあります。それは、早めの損切りとは未来の利益確定のための下準備であるということです。

そもそも投資というものは、人間的な思いや自分の判断などに捉われていてはいけません。
それはどこまでも効率的な作業として考えなければなりません。そして作業効率の向上のためには、あらゆる下準備や前倒し作業が欠かせないものです。損切りこそは、正にその大切な前倒し作業の一つなのです。

投資家がFXで損失を被ってしまう際、最も多く見られる典型的なパターンとは、損切りを後回しにして損失を拡大させてしまうことです。そうならないためにも、FX初心者もベテランも、今一度、損切りというものを学び直してみるべきではないでしょうか。

HOME > 損切りの本質