プライベートバンク

今の時代、銀行や郵便局へお金を預けても金利が低いのでなかなか効率よく増えていかないですね。実際、金融機関の窓口へ行って定期預金なんかの手続きに行くと定期預金の話はさておき状態。

「お客様、定期預金よりも投資信託はいかがですか?預金よりもかなりお得です」とか、外貨預金・日本国債など投資関係の商品をかなり勧められます。

あまり投資関係に詳しくない人は「素晴らしい商品を紹介してくれてありがとう!」
なんて気になっちゃって勧められるがままというパターンだったりします。
しかし、これらのセールスはやはり金融機関側に企みがあってのこと。

やはり、顧客のことを考えてというよりかは色々なからくりがあっての収入源を考えてのことなのです。プライベートバンクはこのような金融機関とは異なり、顧客の側に立って資産管理を行ってくれる機関なのです。

顧客ニーズにマッチング

通常の金融機関はやはり商売なので顧客のニーズよりかは販売手数料や信託報酬などの収入を先に考える節があり、あふれ返った日本国債を売るのに躍起になっている感じ。プライベートバンクはあくまでも顧客のニーズに合わせ資産運用のためのアドバイスや仕組みを作ったりしてくれます。

決して、その顧客にとってリスクの高いものなどは紹介しないし顧客一人一人のライフスタイルとニーズにあったものを設計してくれるので安心と確実さはある様な気がします。
ただし、プライベートバンク・プライベートバンカー選びも信用ができるバンク、バンカーでなければ危険です。

お得なカードローン情報【Recommend】

金利がお得なカードローン
たくさんある貸金の金融商品から、人気の信販系や銀行系の低金利ローンを厳選し、利用者の目的にあわせて比較しています。
>>> カードローン キャッシングLAND

HOME > プライベートバンク